今後も看護師の業務範囲は増えていく

今の不景気の世の中で、今後もなくなることのない仕事の1つの医療関係の仕事がありますね。医療関係の仕事については、人が健康で痛いという根源的な希望を持っている限りなくなることはないと言えます。それどころか、今後は高齢者がふえてきますので、その分医療や介護・福祉にかかる比重や大きくなるのは目に見えており、そのため仕事量としても増えることはあっても減ることはないというような状態でしょう。

特に、医師や看護師は患者さんと直接触れる機会が多いので、医師や看護師が果たす役割というものはかなり大きくなります。

といっても、医師は今後増えていくにしても急激に医師の数を増やすのは難しいというところです。そのため、現状の看護師のできる業務範囲を増やすことで求められる医療に対応していこうという考えが国の方に見て取れますね。

看護師でも簡単な医療行為ができるように仕組みを変えてしまおうという考えです。特定看護師と言う考えはここ数年、検討をし続けられていますがそれだけにとどまらず、一般の看護師自身が出来る業務範囲を増やすことができないかと言う検討もされているような状態です。

今後は看護師が果たす役割はドンドンと大きくなっていきます。やりがいととらえるのか、あるいは大変な業務ととらえるのか、、、それは人次第なのでしょうね。