新人看護師が成長するためには病院勤務から

新人の看護師として働き始める場合、ほとんどの看護師は病院勤務として働き始めます。新人の看護師からクリニックで働き始めるという看護師はあまりいません。

その理由としては、大学病院、総合病院などの大きな病院であれば看護師としてなすべきこと、覚えるべきことなどの基本的な事項が揃っており成長が早いからです。逆に、いきなりクリニック勤務としてしまうと、看護師としての必要な経験を得る機会がないまま年月をかけてしまうということになりかねません。

もちろん、クリニックにもいろいろありますから、20弱程度の病床があるクリニックであれば必要なスキルを学ぶことができますが、それでも大きな病院での病状の症例数、患者数、そして組織の中で働くという経験にはかないません。そうした数をこなす経験は最初のうちは何より大切なのです。職人の世界では「数稽古」と言う言葉があり、また「数は質を凌駕する」というのは商業の世界でよく言われる言葉でもあります。

看護師に限らず、働き始める社会人は最初の数年が最も大事だと言われますからね。最初の数年で社会人としての基本的な姿勢が決まってしまうことは良くある話です。

そして数年間、大きな病院で働いた看護師は基本的なスキルが体に身に付いていますから転職する際にも、さほど困ることはありません。逆に、病院で数年勤務という経験がない看護師は転職で苦労することが多いのです。

数年間病院で働いた後は、さらに経験とスキルを積むために病院勤務を続けるのも良し、あるいは少し地域に密着したクリニックで働くもよし、自分のキャリアを見据えながら職場を検討してみるのが良いでしょう。