看護師と子育てについて

看護師は女性が多いですから、職場の中で看護師として働きつつも妊娠出産に至る方が結構多いです。

以前は、出産する看護師は休職あるいは退職でしょうがないという風潮があったのはあったのですが、最近は看護師不足ということもあり、職場の方でなんとか復職しやすいような環境を整えることが多くなってきています。

復職しやすいプログラム、あるいは復職してきた看護師向けの勤務シフトなどで、子育てをしながら働きやすい環境を作ることでベテランの看護師が退職してしまうのを避けて、なるべく残ってもらうようにしているのです。

ただし、そういった病院がすべてではありません。
まだまだ、子育てをしながら働くのが難しい職場というのはあります。その病院の経営状態にもよるところがあるので、一概にその病院に怠慢だと責められないという事情もありますが、当の看護師にとっては、やはり今の職場の環境が現実であり、それは直視する必要があります。

子育てしながら働きづらい状況であれば、それはあらかじめ手を打っておくことも必要です。