高齢者施設で働く看護師

最近は高齢者の施設で働く看護師が増えてきているようです。看護師が働く高齢者の施設としては大きく2つあり、1つは、特別養護老人ホーム(特養)、そしてもう1つは、老人保健施設(老健)となります。

介護施設は病院とはことなり、それぞれの利用者の方と長く付き合っていくことになりますので、利用者の方との信頼関係の構築が必要になってきます。特に、老健の方では、まだしっかりした方が多いために、看護師や介護士といった従業員の方もそれなりの対応が求められます。

一方、特養では介護状態がかなり高い方が多いために、医療が関わるケースも多くあります。仕事については、職場によってまちまちで、看護師の業務が多い職場、看護師よりも介護士の業務が極端に多く、看護師はそれほど負担が多くない職場などがあります。

また、看護師と介護士間での人間関係の問題があるような職場もあります。どの職場が自分に合うのかどうかは事前にしっかりと確認しておく必要があるということです。